市田柿の歴史

南信州の干し柿の歴史を調べると、

文献で確認できるものでも500年以上前から作られていたことが分かります。

江戸時代中期に刊行された食糧書として名高い

本朝食鑑(ほんちょうしょうかん)には

信州の立石の小串柿について記されています。

この小串柿は立石柿と呼ばれ、現在の長野県飯田市の三穂地区を中心に、

下伊那郡下で作られていた干し柿(串柿)であり、市田柿の前身になった柿です。

市田柿は下伊那郡高森町市田地区にあった渋柿の中から、大粒で良質な柿を選別して大正10年に改称したものになります。

南信州の干し柿の歴史

長い歴史を持つ市田柿。伝統が育む本物の味です。

南信州から農園娘よりかぶちゃん農園娘


かぶちゃん農園通信は、ブログランキングへ参加しています♪
皆様クリック、お願いします!

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ