おいしいものは1年中楽しみたい

市田柿は寒い季節を過ぎてもおいしく食べられるよう、

蔵に保存されていました。

かぶちゃん農園が柿蔵を作ったのはこの南信州の知恵に習ったため。

できたばかりの柿蔵 2007年10月
できたばかりの柿蔵 2007年10月

常温で保存しておくのは12月から1月にかけてのほんのわずかな期間で、

2月からはだんだんと冷凍保存を始めます。
市田柿は生柿から干し柿になってからも、少しずつ熟成をしています。

最初はうっすらとまとった柿霜も、時が経つにつれ

柿の中に閉じ込められた糖分が外に出て、

甘みを感じる元になる柿霜の層が厚くなっていくのです。

かぶちゃん農園市田柿

このおいしい時期を逃さずに閉じ込めます。


かぶちゃん農園通信は、ブログランキングへ参加しています♪
皆様クリック、お願いします!

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ